メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム > 会社情報 > 沿革

会社情報COMPANY

沿革

2018 アキラ機工吸収合併し、「三木センター」開設
業務拡大に伴い、三木市から西宮市に移転「西宮北センター」開設
2015 大阪営業所を開設
2014 品川事業所を開設
分級機内蔵型粉砕機<Vターボ>を開発
分級機<GJスクリーンS>を開発
2013 乾式造粒機コンテインメント仕様<FP-C型>を開発
2010 フロイント産業株式会社の子会社となり、フロイント・ターボ株式会社へ社名変更
2009 粉砕機〈ターボディスクミルV型〉を開発
2008 ターボミルの高速回転ローター冷却方式〈ターボミルCR型〉を開発
オリバー・バトリエ社(スペイン)と技術提携し、多量循環方式湿式ビーズミル〈Optiミル〉開発に着手
2004 ターボ粉体株式会社を吸収合併
1998 オリバー・バトリエ社(スペイン)と技術提携し、湿式ビーズミル〈OBミル〉開発に着手
1997 乾式造粒機〈ローラーコンパクターFR型(ロール片持方式)〉を開発
1987 トナー用超微粉砕機〈ターボミルRS型〉を開発
1982 分級機〈ターボスクリーナー〉を開発
1978 受託粉砕事業を分社化し、ターボ粉体株式会社設立
1973 粉砕機〈ターボディスクミル・システム〉を開発
1972 合成樹脂の受託粉砕を開始
1971 久里浜工業団地内に工場開設
中粉砕機〈ターボカッター〉を開発
乾式造粒機〈ローラーコンパクター〉を開発
1969 ターボミルの特許について、発明協会の発明賞表彰
1967 高速気流式微粉砕機〈ターボミル〉を開発し、ターボ工業株式会社設立